MENU

MENU

スイングZERO

2019.04.02

さて、今回は真面目に書きます。

絶対に真面目に最後まで。

 

新しい元号が決まりましたね。

令和

まだピンときませんが、次第に慣れるのでしょうね。

クラプトンファンの方は、昨日の昼からず~っと頭の中にあの曲が流れているのでしょうね。

 

いとしのレイラ

♪Layla~ you’ve got me on my knees♪

 

私だけではないはずです!

 

 

・・・コホン。

気を取り直しまして・・・

 

私、生まれてこの方48年。

ゴルフを始めて25年。

プロになって・・・ん?何年だ?

 

とにかくレッスン活動にはポリシーをもってやってきました。

もちろん「普遍的なもの」と「最新のもの」と、どちらも勉強しましたし、どちらの否定もしません。

 

ただ、「○○理論」とか「××打法」とか・・・

そういうタイトルを付けるのがあまり好きではありませんでした。

「名前ばっかりスゲェ事言って、中身は大したことないじゃん!」

と言われるのがカッコ悪く思えて・・・。

 

普通のことを普通に言う。当たり前のことを当たり前に言う。

「俺ってすげぇレッスンするだろ?」なんて目立とうとウケ狙いに走らず。

ただでさえ体も声もデカくて目立つんだから。

スクールって、スクール生が主役で私がわき役。

 

そんなレッスンを心掛けてきたのですが・・・

 

でも、名前、考えました(笑)

ここまで書いてきたこと、撤回します!

 

この付けてくれた名前が

「スイングZERO」

これ良いじゃないですか!

 

どういう意味かと言うと、これはスイングの平均値ゼロ地点を知ろうというコンセプトです。

 

型破りは型を知ってから。

崩した正座が色っぽいのは、正しい正座ができるから。

 

スイングも、フラットなスイングもアップライトなスイングも悪くはない。

インサイドアウトでドローも、アウトサイドインでフェードも良い。

ただ、真ん中がどこだか分かっていますか?

 

ボールを右に置くのもいい。

その分球が低くなって、アイアンで飛距離が出る。

ただ、ボールを右に置いてアドレスして、「なんで俺は多摩が低いんだろう?」なんて悩むのはナンセンス。

 

そんな意味では「普通」を知れば、アレンジもできる。

普通を知らないままアレンジするから、悪い癖を別の悪い癖で塗りつぶすようなスイングが出来上がる。

 

 

ショートアイアンでボールを右に置きたい。

だったら持ち球は通常よりも低くなる。

それなのに「高い球が打ちたい」なんて考えたら・・・?

 

「普通」を知っていれば、「あ、俺はボールが普通より右だから球が低いんだ。このまま低い球でゴルフをするか、それとも高い球が打ちたいからボールの位置をもう少し左にするか?」と悩めばいい。

非常に筋の通った考え方です。

 

それを・・・

ボールを普通よりも右に置いたまま、

少しフェースを開こうか?

その分オープンスタンスにしてカットに打とうか?

左肘を抜こうか?

 

球が上がらないボール位置のまま、すごく高く上がる打ち方を覚えようとする。

 

こういう無駄な練習をして欲しくないんです。

 

そんな意味で、スイングZEROなんてカッコつけて言いましたが、要は俗に言う「基本」「平均値」を知れば、そこからの応用もしやすくなりますよと。

 

右に寄らず、左にも寄らず。

上がり過ぎも、上がらな過ぎもない。

右手主体のスイングでもなければ、左サイドだけが大切な訳でもない。

 

全てが普通、そんなスイングを一度知ってみれば、そこからは最新のスイング論も、苦手克服も・・・

全ての練習をシンプルに理解できるはずだと。

 

そのためにも「スイングZERO」。

絶対お役に立てるはずだと思います。

 

こんなお話しを、PCMラボのサイトで連載しますので、ぜひ皆様ご参考に!

 

 

 

 

ホームページ限定キャンペーン開催中

お問い合わせフォームよりお申込みいただくか、
「ホームページを見た」とお電話いただいた方は、 入会金5,400円がなんと無料!!

お問い合わせはこちら

多摩本校の
無料体験レッスン
はこちら
相模原校の
無料体験レッスン
はこちら